勉強が嫌いだったけれど福岡の通信制高校を卒業することができました

年齢に関係なく良好な関係を築けるケースが多かった

高校に進学する意味を見出せなくなっていた / 父親から通信制高校を勧められました / 年齢に関係なく良好な関係を築けるケースが多かった

同じクラスには年上の人も多かったですし、最も仲良くなった人は3歳年上でしたが、年齢に関係なく良好な関係を築けるケースが多かったです。
先生も厳しすぎることはないけど質問や相談には気軽にのってくれるようなタイプの人が多く、通いやすい学校だったと思っています。
そのような感じで過ごしていき、進路を決めるときには就職を希望したのです。
数社受けたところ無事に内定をもらうことができて就活も問題なく終わりましたし、心おきなく卒業することができました。
勉強が苦手という理由から高校に行きたくないと考えていましたが、学校の選び方を工夫すれば勉強が苦手でも自分に合った学校を見つられるのだと分かりました。
自分の場合は父親の勧めがあったからですが、同じような考えの人がいたらやはり通信制でも良いので高校に行くべきと言いたいです。
社会人になってから学歴で昇給に差が生まれたり、任せてもらえる仕事に違いがあったりすることがよく分かったので、せめて高校は卒業しておくべきだと思いました。
勉強が苦手な人や嫌いな人でも通信制であれば一般的な高校よりも通いやすいはずです。
自分の場合は通信制高校を選んで本当に良かったです。